葉酸サプリって最近口コミで良く聞きますよね。妊活中、妊娠中、授乳中、さらにいつまでも若く健康を維持したい方に厚生労働省も摂取を推奨している葉酸をお手軽、安心に摂取できるのが葉酸サプリ!中でもおすすめなベルタ葉酸サプリで無事に出産しましょう!

葉酸サプリってなに?

葉酸サプリとは、妊娠を考えている方や妊娠中、授乳中の方に、厚生労働省も摂取を推奨している栄養素をバランスよく配合した栄養機能食品です。
栄養機能食品とは?
妊娠中、授乳中などで通常の食生活を行うことが難しかったり、1日に必要な栄養素を十分に摂取できない場合に、その補給や補完のための食品で、国が定めた栄養成分の上限、下限値の基準をクリアしている食品です。

妊活中の方にも
妊娠を計画されている方に対して、厚生労働省は葉酸の摂取を推奨しています。
妊娠の1ヶ月前くらいから摂取しておくことで、胎児の成長のための栄養素を体に蓄えておくことができ、安全に受精、受胎しやすくなると言われています。
またアメリカの研究では、染色体の関係から、男性も摂取することが望ましいと言われています。
妊娠中の方にも
4週〜12週ころの妊娠初期には、母親の体は栄養バランスが崩れやすく、体調も安定しません。
厚生労働省では、この時期には通常の食品以外から1日400μgの葉酸摂取が推奨されています。
(ベルタ葉酸サプリでは一回分に400μgの葉酸が含まれています。)
授乳中の方にも
葉酸は、母乳の原料になる血液を良質に変える効果があるため、授乳中にも摂取が必要です。
赤ちゃんへの栄養が足りているか?を心配したくない方には、
赤ちゃんに送られる母乳の成分を改善する葉酸サプリの摂取がお勧めです。
健康、美容を維持したい方にも
ベルタ葉酸サプリには、女性に嬉しい葉酸はもちろんのこと、27種類のビタミン、ミネラル、
15mgの鉄分、250mgのカルシウム、18種類の野菜、そして安心で高品質の6種類の美容成分を配合しています。
有名な「ベルタ酵素」など、美容の為の人気商品を数々生み出してきた会社だから信頼できる
女性の美をサポートしてくれるサプリでもあります。

ベルタ葉酸サプリ公式サイトはコチラです♪

葉酸400μgを摂れるベルタ葉酸サプリなら

ベルタ葉酸サプリのおすすめポイント


上の画像は公式サイトのキャプチャーですが、厚労省が推奨している400μgの葉酸を摂取できるところとか、
ベルタ酵素で培った本当に安心で高品質な美容成分を多数配合しているところとか、
安心の無添加、無香料、製造チェックとかおすすめポイントはたくさんあるのですが、
私が特筆したいのは7番!出産経験のある社員による電話サポート!

ベルタ酵素にもこのサービスあったんですが、その時は酵素ドリンクの細かい成分の話とか、人間の体でどうやって酵素が作られてどんな働きをしてるのかとか、
酵素ドリンクの美味しい飲み方の工夫とか、それ以外の食事メニューまで相談に乗ってもらえてすごく助かったし、おかげて2ヶ月で4kgのダイエットにも成功したんです!
それでこのベルタ葉酸サプリでも、妊娠がわかった時から飲み始めて電話サポートにも何回も電話しちゃいました(笑)
やっぱり妊娠中ってマタニティーブルーにもなるし、旦那さんも仕事に行っちゃって一人だし、体調も崩れるし、いろいろ大変じゃないですか
そんな時に、出産経験のあるお母さんみたいな相談員さんに、本当に親切に話を聞いてもらえて本当に助かったんです。
もちろん葉酸についての詳しい話とか、妊娠中に必要な栄養素の話とか、いろいろ聞かせてもらえました。
定期コースを申し込んで妊娠中は毎日飲んでたし、授乳中も回数は減ったけど、3日に一回くらいは必ず飲んでました。
で、結果として母子ともに健康に出産、もうすぐ一年になりますが、大きく体調をくずすこともなくなんとかやっております。
妊娠中の葉酸の必要性は、いろんば番組や雑誌でも言われている通り、
新しい細胞を創りだすのに必要と言われ、
母子の血管を弱くしないのにも大事だと言われています。

血管弱まる → 出産時、後に脳溢血、脳出血

なんていう最悪のケースは考えたくもなく、
一人目の時はピンクグレープフルーツジュースは常に冷蔵庫へ。なんてこともしてましたね。

これから妊娠したい人にとっても、妊娠しやすくなる効果もあったりするらしいので、
妊活中、妊娠中、授乳中の方にはぜひおすすめですよ♪

ベルタ葉酸サプリ公式サイトはコチラです♪

葉酸400μgを摂れるベルタ葉酸サプリなら


葉酸についてもう少し詳しく


葉酸とは、厚生労働省が妊娠を希望する女性にむけて、通常の食事に加えて1日400μgとるよう推奨している栄養素で、代謝に関わりが深く、体の発育を助け貧血予防にも効果的なビタミンB群のひとつです。
妊娠初期においてはとても重要な栄養素であり、妊娠前から充分量を摂取しておくことで、おなかの赤ちゃんの発育を助けて、胎児の「神経管閉鎖障害」という先天異常が起こるリスクを低下させることがわかっています。
葉酸を多く含む食品には、ほうれん草のほかレバーやブロッコリーなどが有名ですが、葉酸は水溶性のビタミンなので水に溶けやすく、体内では蓄積されにくいので、
毎日摂取することが必要な栄養素です。
しかも熱に弱く、長期保存や調理の過程で失われてしまうことが多いので、普段の食事ではなかなか摂取することが難しいともいわれています。
その為、サプリメントなどでの補給が望ましく、厚生労働省でも食事以外からの摂取を推奨しています。